liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

次女の頑張り:幼稚園

この春から、

次女M子も幼稚園に入園しました。

 

長女A子はまだ年長なので、

この一年はA子とM子が一緒に登園できる唯一の年。

 

三月生まれのM子。

その見た目からか、

どうしても赤ちゃん視してしまう両親を横目に、

入園式の後の教室では、

名前を呼ばれてしっかり手を挙げ、「はい!」と返事したりして、

良い意味で両親の予測を裏切ってくれています。

 

そんなM子。

通常登園の初日は、おそらく何かわからないうちに

11時になって終了。

送りの時も泣かなかったということで、

意外と強い子なのかなぁ、と認識を改めたりして。

 

でも翌日。

会社から帰ったら、

長女A子がその日のことを報告してくれた。

(A子はよく、帰宅した僕への第一声、つまり「おかえり」より先に、その日のことを報告してくれるw)

 

「あのねー、今日はねー、行きは、大丈夫だったんだけどー、

帰りの時に泣いてしまったんよー。」

 

妻に聞いても状況はよくわからなかったのだが、

A子の話からすると、

「さあ、帰るよ」となった後に

徒歩通園の子が年長から年少まで、

どこかの教室に集められて、少し待機させられたらしく、

「さあ、帰るよ」で緊張の糸が切れてしまっていたM子の

目から涙がこぼれてしまったらしい。

 

まぁ、A子の年少の時なんて、

四月の間は全然楽しく登園してて、

ゴールデンウィーク明けから登園を嫌がり始めた、という、

妻にとっては地獄の日々があったので、

そう簡単に慣れるとは思ってませんけどね(-。-;

 

そんな感じの両親の思いを知ってか知らずか、

夜寝る前に、妻とこんなやりとりがあったらしい。

 

M子「ねえ、かーちゃん。きょう(M子の中では「明日」と言いたい) ようちえん?」

妻「そうよ。」

 

ここで悲しそうな顔をするかと思いきや、

M子「やったー。

 

がんばろっと」

 

めろめろになる妻www

 

子供は知らないうちに成長するとはこのこと。

 

毎日、いろんなことはあるだろうけど、

楽しく新しいことに触れていってくれますように。