liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

三女の擬態:犬

嬉しいこと、

特にかあちゃんが近づくとテンションが上がって、

「ハァ、ハァ、ハァ!」

と、興奮した時の犬みたいな反応をしてしまう、

三女Y子(笑)

 

彼女なりの最高級の喜び方なので、

その姿を見るのも嬉しい家族一同は、

その顔を見るためにあやしたり、戯れたり。

 

そんなこんなの、さきほど。

 

長女A子が、

「このワンワンと一緒に寝たい!」

と、次女M子のクリスマスプレゼントの、

電池で動く犬のヌイグルミを見せてきた。

 

泣いていたY子を抱いてあやしていた僕が、

「この家でワンワンって言ったら、

一番かわいいのは、この子じゃろー!」

とY子を差し出す(笑)

 

つられて次女が、

「ハァ、ハァ、ハァ」

と犬の真似を始める(-。-;

 

「わぁ、犬が三匹になった!」

 

とおどけるA子。

 

A子「でもイヤなの!この子(ヌイグルミ)がいいの!」

僕「えー!絶対この子(Y子)の方がかわいいって!」

と、

僕が徹底抗戦(デカいヌイグルミだと、ベッド上の僕の寝るスペースが浸食されるので)をしていると、

何かの拍子にテンションが上がってしまったY子、

 

「キャハ、キャハ!」

 

A子、

「ほらー!にんげんっぽいじゃん!」

と反論💧

 

 

いやいや、人間だし(笑)

 

あまりの擬態のうまさに、

三女Y子が犬か人間か、

A子にはわからなくなってきたようです(笑)