liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

三女の急所:後頭部

三女が泣き始めた!

急いで2階に上がる。

 

大体朝は、僕が起き、妻が起きて、

ベストなのは、起こしに行くまで

子供達が起きてこないこと。

 

妻ができれば朝のうちに家事をしてしまいたいからで、

また、僕も朝の時間は、

洗濯こそすれ、それ以外は読書だのなんだの、

自分の時間として使いたいから。

 

ただ、たまに次女が早めに起きてきたりする。

 

それはまだ良い。

 

三女Y子が泣いて起きるのが一番の痛手。

なぜなら相手をしないと号泣になるから。

 

それが、たまにある。

おそらく何気無く目を開けた時に、

かあちゃんの姿が見えなくて泣くのだろう。

 

その日も同じく、まだ長女次女が寝ている、

7時前にかすかに泣き声が聞こえた。

 

あ、起きたか…と、階段を上がると、

誰かが上がってくる音に気づいたのか、

一瞬Y子の泣き声が止む(笑)

 

寝室のドアを開けると、

そこには寝たまま頭を真上に精一杯向けて、

かあちゃんか、最悪(?)とうちゃんが入ってくるのを待っているY子の姿がある。

 

普段はそこで抱き上げ、

1階に連れて下りるところ、

今日はいつもよりも早くて、

早すぎるように感じてしまったため、

 

(寝かしつけてみたら、寝るのだろうか…)

 

という発想になった。

 

そういえば、長女A子、次女M子は

何度も寝かしつけをしているが、

Y子はあまり、いや、ほとんどしたことが無かったことに気づいた。

 

乳児の間は、母親のおっぱいが一番の"武器"である。

ただとうちゃんにはそれがない。

 

まず試しに、次女の寝かしつけの際に必殺ワザにしている、

胸の上に手を置いて(重量もかけて)トントン、をしてみる。

 

…効果なし…💧

 

次に、Y子が大好きな、

"布団が顔に少しかかった状態"にしてみる。

これで寝ることがある、と妻から聞いていたから。

 

…効果なし…(-。-;

 

むしろテンションが上がり始めている(笑)

 

うーむ、どうしたものか、と

何気無くY子の後頭部をナデナデしていたら、

Y子の動きが止まった‼️

 

もしや?と思い、

ゆっくり優しく撫で続けてやる。

 

目が閉じかけている!

 

この機に乗じて、これでもか、と撫でてやる。

 

…寝た!!!

 

意気揚々と1階に下り、

妻に、「寝かせたんじゃ!」と驚かれる(笑)

 

 

先週の土曜だったか、

また寝かしつけの"チャンス"が訪れた。

 

寝かしつけの必殺技の再検証のチャンスである。

 

昼間に抱っこしてたら目がトロンとしてきたので、

すぐおろして横にならせてみる。

 

Y子、案の定、おろされたことに気づき、泣く。

 

すかさず、後頭部を撫でる!

 

すぐ目がトロンとして、瞼が落ちてきて、寝てしまった。

 

寝てしまった!!!

 

やってやりました。

必殺技の完成です(笑)

 

世のお父様方、

"おっぱい"という武器はありませんが、

寝かしつけの武器はどこに潜んでいるかわかりません。

研究を怠らないようにしましょう😅