liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

シンボルツリー、生き返る

つながりのないブログなので、

唐突感があるかもしれませんが、
家を建てて、このたび引っ越しました。
 
なのでちょっとバタバタしていました。
 
 
家作りに関しては、
ほとんど妻に任せていたので、
あまり威張って伝えるようなことはありません(笑)
 
シンプルな家にすることをこころがけてデザインしたみたいです。
 
ハウスメーカーのコーディネーターさんの好みも存分に盛り込んではあるので、
オリジナリティがあるかどうかは
よくわかりませんが…
 
僕の意見は、というと、
妻が迷った時に、どっちが良いと思うか聞かれて答える時ぐらい。
 
そして、建ってみて
思うようになってないところもあったりするようですが、
言われないとわかりません。
 
総合的には満足です。
 
あとはちゃんとメンテナンスしていくのがネックになりそうです。
 
 
ただ、これは僕だけじゃなく、
妻や妻のご両親もすごい気にしていたことなんですが、
 
 
シンボルツリーが枯れかけている!
 
 
ジューンベリーとカツラの木を植えたわけですが、
植えた日は良かったらしいんですけど、
僕が見た時には完全に葉が丸まって、
しおれて、
今にも散ってしまいそうになっていました。
 
妻のお父さんのクレームにより、
植え替えに…(苦笑)
 
でも次の日には
また葉が丸まってくる。
 
調べるとどちらの木も、
植え付けは10月とか2月とかの
比較的涼しい季節が適していたらしく、
恐らくこの真夏日続く中で植えるのは、
自殺行為に等しかったらしいです。
 
ハウスメーカーから植木屋さんに確認してもらう。
 
…「根付かなかったら、無料で植え替えてくれるらしい」(笑)
 
あと、夏はまだ根付いてないから、
朝の水やりはもちろん、
夕方、むしろ夜ぐらいに水をやって、
充分に吸わせてやることが大事らしい、と。
 
とにかく今植わっているこの木を根付かせたい。
 
ということで、
その日から朝晩水をやり続けました。
 
初日の朝は僕。
夜も僕。
 
次の日の朝も僕、
夕方はお義母さん…
 
次の日は朝晩お義母さん。
その次の日もお義母さん…
 
 
妻の実家のすぐそばに建てたので、
すごく助かってます(笑)
 
 
ということで日々水やりを続けていたら、
元々あった葉は枯れていきましたが、
葉の新芽が出てきて、
ついには葉を広げ始めました!
 
本当に今回の一件で、
夏場の植物の植え付けには、
十分気をつけないといけないと勉強になりました。
 
 
それにしても新芽が出ただけで、
自分がこんなに喜ぶとは、
自分でも驚きでした。
 
こういう仕事が向いてるんかなぁ(笑)