liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

妻、第三子出産

夜中の1時半に、妻から「陣痛が来たかも」と起こされた。

1時ぐらいから痛みが出始めたようで、
もう10分間隔になっているとのこと。

再度10分を確かめ、
準備をしながら近所に住むお義母さんの到着を待つ。
寝ている子供たちをみていてもらうためだ。

できれば立ち会わせたい、
というのが妻の思い。
ただ、夜中はやはりかわいそうなので、
起きるまでは家でみていてもらおうと
事前に話していた。

お義母さんが到着したところで産院に電話。
痛みが来はじめた時間やその間隔を聞かれ、答えたところで看護師さんが先生に相談。
結果、産院にきてくださいということになる。

ちょうど出発のタイミングで次女が起きるハプニングがありつつも、
なんとかお義母さんに任せて家を出た。

2時半、産院到着。
内診でまだ産まれそうもないということで、
待機室に。
計器をつけて、
赤ちゃんの心音と、
妻の陣痛の強さや間隔を見る。

3時過ぎ、計器を外して様子見に。

僕も横になってゆっくりした。

そしてそこで初めて、
第三子のお腹の写真を撮ってないことを妻が思い出し、その場で撮影(笑)

夫婦ともにうとうとしながら、
陣痛の痛みが強くなるのと、
間隔が短くなるのを待つ。

なんだかんだで、あっという間に6時。
まだ陣痛は強くならない。
むしろ間隔が延びたりしていた。

初めは諦めていた子供達の立ち会いが現実味を帯始める。

7時
「朝御飯は7:45なんで、食べてくださいね」と病院に着いてすぐ言われた時には
ずいぶん先に感じた時間が近づいてきたのを感じ、
「食べれそうじゃね(笑)」
と会話をかわす。

7:45
予告通り朝御飯が届く。
パンやサラダ、ミネストローネなど、
マクロビ食のお膳。
妻に食べるように進められ、
二人で分けながら食べていると

「いたたたたたた、ちょっと横になろ」
と、座って食べるたびに陣痛で苦しむ妻。
どうも、座るとお腹が張って
陣痛が強くなるらしい。

少し落ち着いたところで、
妻なりに危ないと思ったのか、
トイレに行く。

トイレから出てくる時にも痛そうな顔。
すぐナースコールで看護師さんを呼ぶ。

と、妻から夜中に一報を入れていたお義姉さんからTEL。
「今から家出るけど、何かいるものある?」

お義姉さんも、お義母さんに合流して、
いろいろ準備をしてくれていたらしい。

特に何もないことを伝えて、電話を切る。

間もなく妻が分娩室に移動。
陣痛の切れ間だったのか、さほど痛そうな顔ではなかった。

準備ができて入室できる直前に
お義母さんから
「今着いたよ。どこに行けばいい?」
とTEL。

「エレベーターで二階に上がってもらって、
右手です。」
と伝えるや否や看護師さんから、
「だんなさん、もう入って頂いて…」
と言われる。

分娩室に入るとお義母さんに場所を教えられない。
なので少し部屋の外で待っていると、
見慣れた長女と次女の顔。
そしてお義母さんにお義姉さん。

「もう分娩室に入ってます!」
といって分娩室に誘導する。

ぞろぞろと入る。

次女が雰囲気に飲まれ…
と思ったら長女が
「抱っこ!」と言って飛び付いてくる。
これは出産云々関係なく、
単なる甘え(笑)

次女はお義母さんに抱っこされ、
戸惑ったように周りを、
妻を、
僕の顔を見ていた。

そこからは急スピード。

「もう頭出てきてるよー、はい出てきた」

「次は肩が出るよ。肩幅を感じてよー」

「はい、出てきた!元気な女の子!」


なおさら戸惑う次女。
昔、長女が産まれた時に
従姉妹の子が完全な拒否反応を示したことを思い出した。

自分が一番下だったのに
更に下が生まれることで注目の浴び方が変わることを直感するのだろう。

次女には充分に目をかけてやらないと。

赤ちゃんの顔を見慣れてきたのか、
三人目にして初めて
赤ちゃんの顔をかわいいと思えました(笑)

とにかく!
お疲れ様、妻。
腰や各種骨に痛みを抱えながら、
妊娠期間頑張りました。

頑張ろう、長女、次女。
今日から数日、とうちゃんだけです。
至らぬ点もあるかと思いますが、がんばります。

頑張って、会社の人たち。
今週いっぱい休みたいと言ってしまった(笑)
簡単には受け入れられる人、
受け入れられない人、
両方いるだろうが、
よろしくお願いします。



さて、今日から子供たちとの三人家族状態。
頑張るぞー!