liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

何のために働くか

先日、自分の嫌いな役員から、

怒られたというか、文句を言われたというか、
そんなことがあって以来、
ついつい、ちょくちょく
そのことを思い出してしまう。
 
なんだかんだ言って気にしてしまう。
 
頭の中では、
「いや、あの人を嫌いな人はたくさんいるみたいだから、
  特に気にやむ必要はないんだ」
とか、
「あの人に嫌われてれば、逆に海外転勤に行かされることもないだろうし、
  家族にとっては良いんだ」
とか。
 
「結構自分の好きな人はあの人の嫌われてるんだから、
   そっちの仲間入りだと思えばいいんだ」
とか。
 
なんかいろいろ、嫌われても良い理由を探している自分がいることに気づく。
 
 
 
そんな時にふと思った。
 
俺、どこ見て仕事してるんだろう」
 
 
その人のために仕事してるわけではない。
営業なんだから、お客さんのために働いてる。
 
そして、直接的に関係のある社内の人たちが、
少しでも働きやすいようにコーディネートする。
お互いで補い合う。
 
あくまでお客さんのために、
自分がベストだと思うことを、
日々工夫をしながらやっていけば良い。
 
今までも、お客さんのため、設計のため、工場の人のために
走り回って調整してきたから、
お客さんからだって信頼してもらってる
…ように感じている。
 
 
その目的や行動の方向からすれば
あの役員に嫌われることなんて、
全く気にすることはない。
 
だからなんだ、と思っておけば良い。
 
 
なぁんて自分を納得させちゃうから、
いつまで経っても世渡りがうまくならないんだ(笑)
 
僕の父親も、世渡りが下手だったらしい。
 
遺伝だな(笑)