liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

年金と生活保護費

ほんと、この日本の年金と生活保護のバランスって、どうなんだろう。

生活保護に関するニュースを見るたびに思う。

若い頃からコツコツ働いて、
少しでも年金保険料を払ってる人の年金より、
生活保護受けてる人の方が良い生活ができるなんて、
絶対おかしい。

思ったような仕事がなくて、
最低賃金レベルの職で何とか暮らしてる人より、
生活保護受けてる人の方が良い暮らしを送れるとか、
絶対に間違ってる。

しかもそのお金で
パチンコに行ったりしてるとか、愕然とする。

生活保護の趣旨って何か。

「健康で文化的な最低限度の生活」をおくることを保証するためである。

ならば、パチンコも制限しちゃいけないのか?

個人の自由の侵害って?

いや、自分で稼いだお金なら、
何に使おうが自由である。

だけど、生活保護は、
ワーキングプアと呼ばれる人たちが
必死に働いたお金の中から支払われている税金だ。

ブラック企業然とした会社で、
冷や汗も脂汗もかきながら、
青年、中年が稼いだお金から支払われた税金だ。

彼らはパチンコや飲みに行く機会だって、
非常に限られてるはず。

それなのに、
事情はどうあれ働かず生活保護受けてる人の方がそれができるって、
どう考えても公平じゃない。

しかも昔、ある定食屋で食事をしている時に、
隣に座った中年女性二人の会話を聞いてしまったのだ。

「あぁ、それなら下手に働くより、
生活保護の受けたらいいよ!」
って。

「仕事探してるポーズはしないといけないけど、
働くと支給額減らされるから、
働かない方がいい」
とか。

こんなシステムの中じゃ、
真面目に働くのがバカらしくなる人だっているはずだ。

それは決して健全な姿じゃない。

政治家達の票集めのためじゃなく、
子供達の世代のため、
本当に持続可能なシステムをどう作っていくか、
大人は真剣に勉強して、
具体的に働きかけて、
政治側を動かしていくことを考えないといけない。