liveall’s blog

5歳、3歳、1歳の女の子たちの父親です。子供達が幸せな大人になってくれるように祈りながら、日々を綴ります。

長女の努力:スイミングスクール

今年度から、長女A子がスイミングスクールに通い始めました。

 

幼稚園の他のお友達と同じ月曜日。

妻としては、土日ののんびりモードから、

一気に忙しくなるため出来れば避けたかったみたいですが、

A子がどうしても、と言うので仕方なく、といった感じのでした。

 

お友達は少し前から始めてて、

級が一つ二つ上のクラス。

進級テストは2ヶ月に一回。

ということで、最初はなかなかお友達と同じことはできない状況。

 

まぁでもそれは仕方のないことで、

本人は毎週楽しく通ってるので

親としては温かく見守ってるところです。

 

先月進級テストがあり、

無事進級。

でもお友達も進級してて、差は開かないまでも、

縮まらない。

 

それが悔しいのは、一番は妻(笑)

次女や三女を見るにつけ、

A子は運動神経が良いと思ってる妻としては、

行けるところまで行かせてあげたい、という思いが強いみたいで、

このあいだの進級テストに関しても後日、

 

妻「先生から、『水の中でで目を開けてみて』とか言われたんじゃない?」

とか聞いてみたりしている。

どうやら、それができたら

もうワンランク上の級に行けたのだそうな。

 

A子「うーん…よく覚えてない…」

妻「やったら出来たじゃろう、A子なら」

A子「へへ…(よくわからないので、苦笑い)」

 

ポジティブな内容なのに、

詰めてる感がすごい(笑)

 

ということで、

父ちゃん登場させてもらいました。

 

「あのね、A子、

別にね、ゆっくりでええけんね。

父ちゃんはさ、ちっちゃい頃さ、

結構いろんなこと出来るようになるの早かったけどさ、

あんまり良いことなかったもん。

最後の最後に本当に上手になるのって、

最初から、一つ一つのことを

しっかりやっていった子だったけん。

じゃけえ、早く出来れば早くてもいいんだけど、

別にゆっくりしっかり、先生が教えてくれることを聞いて、

練習していけばいいけんね」

と、本心から、アドバイス

 

妻からすれば、

「あ、ズルっ!」

と思われてしまいかねなかったけど、

特に茶化されることもなく、

一応みんな、うんうん、と聞いてくれました。

 

大人になって思うことは、

こどもの頃に習い事をさせてもらっていたことのありがたさと、

それを最大限生かし切れたのだろうか、という疑問と、

子供達にも同じようにチャンスを与えてあげたい、

そしてその中から、何か成長のタネを見つけてもらいたい、

ということ。

 

他人と比べて自分を卑下するような子に

なりませんように。

一歩一歩、自分の中で成長していくのを感じられる、

そんな子に、なってくれますように🌟

 

次女の頑張り:幼稚園

この春から、

次女M子も幼稚園に入園しました。

 

長女A子はまだ年長なので、

この一年はA子とM子が一緒に登園できる唯一の年。

 

三月生まれのM子。

その見た目からか、

どうしても赤ちゃん視してしまう両親を横目に、

入園式の後の教室では、

名前を呼ばれてしっかり手を挙げ、「はい!」と返事したりして、

良い意味で両親の予測を裏切ってくれています。

 

そんなM子。

通常登園の初日は、おそらく何かわからないうちに

11時になって終了。

送りの時も泣かなかったということで、

意外と強い子なのかなぁ、と認識を改めたりして。

 

でも翌日。

会社から帰ったら、

長女A子がその日のことを報告してくれた。

(A子はよく、帰宅した僕への第一声、つまり「おかえり」より先に、その日のことを報告してくれるw)

 

「あのねー、今日はねー、行きは、大丈夫だったんだけどー、

帰りの時に泣いてしまったんよー。」

 

妻に聞いても状況はよくわからなかったのだが、

A子の話からすると、

「さあ、帰るよ」となった後に

徒歩通園の子が年長から年少まで、

どこかの教室に集められて、少し待機させられたらしく、

「さあ、帰るよ」で緊張の糸が切れてしまっていたM子の

目から涙がこぼれてしまったらしい。

 

まぁ、A子の年少の時なんて、

四月の間は全然楽しく登園してて、

ゴールデンウィーク明けから登園を嫌がり始めた、という、

妻にとっては地獄の日々があったので、

そう簡単に慣れるとは思ってませんけどね(-。-;

 

そんな感じの両親の思いを知ってか知らずか、

夜寝る前に、妻とこんなやりとりがあったらしい。

 

M子「ねえ、かーちゃん。きょう(M子の中では「明日」と言いたい) ようちえん?」

妻「そうよ。」

 

ここで悲しそうな顔をするかと思いきや、

M子「やったー。

 

がんばろっと」

 

めろめろになる妻www

 

子供は知らないうちに成長するとはこのこと。

 

毎日、いろんなことはあるだろうけど、

楽しく新しいことに触れていってくれますように。

 

 

三女の擬態:犬

嬉しいこと、

特にかあちゃんが近づくとテンションが上がって、

「ハァ、ハァ、ハァ!」

と、興奮した時の犬みたいな反応をしてしまう、

三女Y子(笑)

 

彼女なりの最高級の喜び方なので、

その姿を見るのも嬉しい家族一同は、

その顔を見るためにあやしたり、戯れたり。

 

そんなこんなの、さきほど。

 

長女A子が、

「このワンワンと一緒に寝たい!」

と、次女M子のクリスマスプレゼントの、

電池で動く犬のヌイグルミを見せてきた。

 

泣いていたY子を抱いてあやしていた僕が、

「この家でワンワンって言ったら、

一番かわいいのは、この子じゃろー!」

とY子を差し出す(笑)

 

つられて次女が、

「ハァ、ハァ、ハァ」

と犬の真似を始める(-。-;

 

「わぁ、犬が三匹になった!」

 

とおどけるA子。

 

A子「でもイヤなの!この子(ヌイグルミ)がいいの!」

僕「えー!絶対この子(Y子)の方がかわいいって!」

と、

僕が徹底抗戦(デカいヌイグルミだと、ベッド上の僕の寝るスペースが浸食されるので)をしていると、

何かの拍子にテンションが上がってしまったY子、

 

「キャハ、キャハ!」

 

A子、

「ほらー!にんげんっぽいじゃん!」

と反論💧

 

 

いやいや、人間だし(笑)

 

あまりの擬態のうまさに、

三女Y子が犬か人間か、

A子にはわからなくなってきたようです(笑)

長女のなぞなぞ:照れる…

今日は金曜日。

うちの会社は金曜日が定時退社の日なので、

その日は早く帰ることができ、

夕飯を家族で食べられる。

 

今日も帰ると夕食の準備がほぼ終わるところで、

すぐ食事に。

 

なんでもない、他愛もない、安穏とした会話の流れで、

長女A子が突然、

「丸くて、おいしいもの、なーんだ?」

と、いきなりなぞなぞをかましてきた。

 

ここはスピードが大事、

かつ自分の好きなものをアピールしようと僕が、

バウムクーヘン!」と言うと、

A子「ブッブー。トマトでした!」

と。

 

それほどトマト好きでもないクセに(笑)

 

A子「じゃあ、赤くて丸いものは?」

僕「りんご!」

妻「トマト!」

A子「ブッブー、梅干しでしたー(笑)」

と、後出しで答えを考えてくるA子。

 

まぁ、そんな芸当ができるようになっただけでも、

成長したなぁ、としみじみ。

 

と、A子が

「じゃあ、みんなが大好きでー、」と言ったところで、

妻が(たぶんに冗談で)

「とうちゃん!!」

と言うと、

 

A子

「ピンポンピンポーン!」

 

まさかの正解(笑)

食べ物の流れ、一切無視(笑)

 

そして父、思わず照れる…

 

あー、気分が良い。

 

余韻に浸りながら寝るとするかー☺️

 

 

次女の浅知恵part2:ゲームセンター

基本的に、

ゲームセンターで遊ぶことに、

楽しさを見いだせない父親

 

でもこどもにとっては

楽しそうな雰囲気が誘惑するみたい。

 

でも父はお金を絶対出さない(笑)

 

今日も、デパートで買い物の合間、

次女M子が暇になって妻に、

「あっちで遊びたい!」

とゲームセンターの方を指差した。

 

長女A子との約束の買い物に夢中の妻は、

「うーん、じゃあ、とうちゃんと行っとって」

と許可。

 

とりあえず連れていくも、

見失わないように見つめるだけ。

M子はいろんなゲームを触っては、

何もできないことに気づくのか、

また次のゲームへと移動していく。

 

ふとみると、

M子が深くしゃがんで、

ゲーム機の下あたりを覗き込んでいる。

 

(何か落とした?)

 

と思ったけど、

少し見てすぐ立ち上がって次の場所に移動した。

 

次のゲーム機のところでも、

しゃがんで何かをさがしている。

 

 

 

…メダルが落ちてないか、

探してやがる!

 

あまりにもお金を出さない親に、

痺れをきらして、開発したようだ。

きっと誰かがやってたんだろう。

 

あるわけないじゃん。

 

 

 

…あ…なんか1個見つけた💦

 

三女の急所:後頭部

三女が泣き始めた!

急いで2階に上がる。

 

大体朝は、僕が起き、妻が起きて、

ベストなのは、起こしに行くまで

子供達が起きてこないこと。

 

妻ができれば朝のうちに家事をしてしまいたいからで、

また、僕も朝の時間は、

洗濯こそすれ、それ以外は読書だのなんだの、

自分の時間として使いたいから。

 

ただ、たまに次女が早めに起きてきたりする。

 

それはまだ良い。

 

三女Y子が泣いて起きるのが一番の痛手。

なぜなら相手をしないと号泣になるから。

 

それが、たまにある。

おそらく何気無く目を開けた時に、

かあちゃんの姿が見えなくて泣くのだろう。

 

その日も同じく、まだ長女次女が寝ている、

7時前にかすかに泣き声が聞こえた。

 

あ、起きたか…と、階段を上がると、

誰かが上がってくる音に気づいたのか、

一瞬Y子の泣き声が止む(笑)

 

寝室のドアを開けると、

そこには寝たまま頭を真上に精一杯向けて、

かあちゃんか、最悪(?)とうちゃんが入ってくるのを待っているY子の姿がある。

 

普段はそこで抱き上げ、

1階に連れて下りるところ、

今日はいつもよりも早くて、

早すぎるように感じてしまったため、

 

(寝かしつけてみたら、寝るのだろうか…)

 

という発想になった。

 

そういえば、長女A子、次女M子は

何度も寝かしつけをしているが、

Y子はあまり、いや、ほとんどしたことが無かったことに気づいた。

 

乳児の間は、母親のおっぱいが一番の"武器"である。

ただとうちゃんにはそれがない。

 

まず試しに、次女の寝かしつけの際に必殺ワザにしている、

胸の上に手を置いて(重量もかけて)トントン、をしてみる。

 

…効果なし…💧

 

次に、Y子が大好きな、

"布団が顔に少しかかった状態"にしてみる。

これで寝ることがある、と妻から聞いていたから。

 

…効果なし…(-。-;

 

むしろテンションが上がり始めている(笑)

 

うーむ、どうしたものか、と

何気無くY子の後頭部をナデナデしていたら、

Y子の動きが止まった‼️

 

もしや?と思い、

ゆっくり優しく撫で続けてやる。

 

目が閉じかけている!

 

この機に乗じて、これでもか、と撫でてやる。

 

…寝た!!!

 

意気揚々と1階に下り、

妻に、「寝かせたんじゃ!」と驚かれる(笑)

 

 

先週の土曜だったか、

また寝かしつけの"チャンス"が訪れた。

 

寝かしつけの必殺技の再検証のチャンスである。

 

昼間に抱っこしてたら目がトロンとしてきたので、

すぐおろして横にならせてみる。

 

Y子、案の定、おろされたことに気づき、泣く。

 

すかさず、後頭部を撫でる!

 

すぐ目がトロンとして、瞼が落ちてきて、寝てしまった。

 

寝てしまった!!!

 

やってやりました。

必殺技の完成です(笑)

 

世のお父様方、

"おっぱい"という武器はありませんが、

寝かしつけの武器はどこに潜んでいるかわかりません。

研究を怠らないようにしましょう😅

 

 

次女の浅知恵:プリキュア

一年前ぐらいから、

プリキュアにハマりはじめた我が家の女子達。

 

録画したものを一週間何度も見たがり、

見れないとグズったりもする。

 

さっき次女M子が、

「ちょっとプリキュアアラモードつけて」

と言ってきた。

 

聞こえない振りをする夫婦。

 

M子、再度、

「ちょっとプリキュアアラモードつけてー」

と言ってくる。

 

もうちょっと放置したかったけど、

「ちょっと」のところが気になってしまって、

 

僕「なんで『ちょっと』なん?」

と聞くと、

 

M子

「だってさー、ダメっていうもん」

 

「ちょっとだろうが、

ちょっとじゃなかろうが、

ダメなもんはダメじゃろ(笑)」

 

と言いながら、

ちょっとこの浅知恵感がかわいくて、

ついつけてやってしまいました(笑)

 

子供は子供なりに、

いろいろ考えてるんだな~。